本ページはアドセンス広告を使用しています

チェンソーマンの完結は何巻?続編情報も!

『チェンソーマン』という名前を聞いて、興奮や期待を感じる方も多いのではないでしょうか?この記事では、『チェンソーマン』の完結に関する真相と、その魅力について深掘りしていきます。

目次
スポンサーリンク

『チェンソーマン』とは?

まずは、『チェンソーマン』の基本情報から。藤本タツキ氏によるこの作品は、多くのファンを魅了しています。

作者と連載誌

藤本タツキ氏による『チェンソーマン』は、『週刊少年ジャンプ』で第1部が連載されました。

『チェンソーマン』は藤本タツキによる日本の漫画作品で、『週刊少年ジャンプ』にて第1部が2019年から2021年まで連載されました。続く第2部は『少年ジャンプ+』で2022年7月13日から連載が開始されています。

この作品は、チェンソーの悪魔の力を持つ少年・デンジの活躍を中心に描かれており、ダークヒーローとしての彼の冒険が特徴的です。

また、作品内では「チェンソー」とは、木の伐採などに使われる工具のチェーンソーを指し、ホラー映画の中では殺人鬼の武器としても知られています。

物語の概要

デンジという少年が主人公。彼の冒険と成長を描いたダークファンタジー作品です。

物語は、悪魔と呼ばれる存在が日常に溢れる世界を舞台に、少年デンジが「チェンソーの悪魔」であるポチタと共にデビルハンターとしての生活を送る様子を描いています。

デンジは、死んだ父の借金を返すための日常を送っていましたが、ある事件をきっかけに「チェンソーマン」としての力を手に入れます。

彼の冒険は、多くの敵や困難に立ち向かいながらも、仲間たちとの絆や成長を通じて、真実や自分自身の存在意義を見つけ出していくものとなっています。

『チェンソーマン』は完結したのか?

この疑問に対する答えは、実は少し複雑です。

第1部「公安編」の完結は11巻

『週刊少年ジャンプ』にて2019年1号から2021年2号まで連載され、完結しました。この部分は単行本で言うと第11巻までとなります。

第2部「学園編」の連載中

『少年ジャンプ+』で2022年7月13日より連載が開始され、現在も続いています。

『チェンソーマン』は、藤本タツキによる日本の漫画作品で、第1部「公安編」は『週刊少年ジャンプ』での連載が完結しました。一方、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』での連載が続いており、物語はまだ終わっていません。

この作品は、チェンソーの力を持つ少年デンジの冒険を描いています。デンジは、悪魔との戦いの中で多くの困難や挑戦に直面しながらも、自分の信念を持って前進しています。

特に第2部「学園編」では、デンジが高校生活を送る中での新たな出会いや試練が描かれており、ファンからの注目度も非常に高いです。

今後も『チェンソーマン』の連載は続くと予想され、どのような展開になるのか楽しみに待たれています。

『チェンソーマン』の魅力とは?

この作品がなぜこれほどまでに人気なのか、その理由を探ってみましょう。

独特な世界観

デンジの冒険を通じて展開されるダークな世界観は、多くの読者を引き込んでいます。

『チェンソーマン』は藤本タツキによる日本の漫画作品で、ダークファンタジーの要素を持つアクション漫画として知られています。主人公デンジは「ダークヒーロー」として描かれ、凶暴かつ過激な演出や衝撃的な展開が特徴となっています。

作中の「チェンソー」は、通常木の伐採に使われる工具であるチェーンソーを指しますが、ホラー映画では殺人鬼の武器としても知られています。このような「恐怖」の要素が作品に取り入れられており、恐怖映画のパロディやオマージュも見受けられます。

また、作品の背景には「悪魔」という存在があり、これらの悪魔は人間の恐怖を原動力としています。このような独特な世界観が、読者の心を捉えて離さない要因となっているのです。

キャラクターの魅力

デンジをはじめとするキャラクターたちの魅力が、物語をより深くしています。

デンジは、自称16歳の少年で、非正規のデビルハンターとして働いています。彼の過酷な幼少期の経験や、普通の生活への憧れが彼の行動の背景となっています。

彼のパートナーである「チェンソーの悪魔」ポチタとの関係や、公安所属のデビルハンターとしての彼の活躍は、物語の中心を成しています。デンジの大胆不敵な性格や、物事を深く考えない単純さが、彼の魅力を一層引き立てています。

また、デンジを取り巻くキャラクターたちも、それぞれに独自の背景や魅力を持っており、彼らとの関係性が物語を豊かにしています。

ネット上の反応

『チェンソーマン』に関するネット上の反応は多岐にわたります。ファンの感想や考察、さらには情報交換の場として、SNSや掲示板が活発に利用されています。

SNSでの情報共有

最新の連載情報やグッズ情報など、ファン同士で情報を共有する場としてSNSが利用されています。

TwitterやInstagramでは、公式アカウントからの情報提供はもちろん、ファンアートやコスプレの写真など、ファンのクリエイティブな表現も多く見られます。

特にTwitterでは、新しい章が公開されるたびに、ハッシュタグを通じて感想や考察が交換され、瞬時に情報が拡散されることが一般的です。

また、Instagramでは、グッズの写真やイベントの様子など、ビジュアル中心の情報共有が行われており、ファン同士のコミュニケーションの場としても利用されています。

掲示板でのディスカッション

物語の展開やキャラクターに関するディスカッションが、掲示板で活発に行われています。

Redditや2chなどの掲示板では、深い考察や予測が交換され、ファン同士の情熱的な議論が繰り広げられています。

特定のキャラクターやエピソードに焦点を当てたスレッドが立てられることも多く、その中での意見交換は非常に熱を帯びることがあります。

また、新たな情報や未公開のエピソードに関するリーク情報が掲示されることもあり、ファンからの注目度は非常に高いです。

まとめ

『チェンソーマン』は、第1部は完結しており、第2部は現在も連載中です。この作品の魅力やファンとの交流の場としてのSNSの活用など、多くの要素がこの作品を特別なものにしています。これからも『チェンソーマン』の動向に注目していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!






目次